築上郡での内科・胃腸科・内視鏡検査は「うえだ内科クリニック」へ。

eyecatch

内視鏡検査

ここでクリア

内視鏡検査
内科midashi
内視鏡検査機当院で行っております内視鏡検査は、胃内視鏡(胃カメラ)・大腸内視鏡(大腸カメラ)共に行っております。カメラは、できるだけ患者様の負担になりませんよう、直径が細い最新の「経鼻内視鏡(鼻から管を通す内視鏡)」を使用しております。これにより検査時の嘔吐反射が起きにくく、よりリラックスした状態で内視鏡検査を受けて頂けます。 もちろん、ご希望によっては従来どおりの経口内視鏡(口から通す内視鏡)検査にも対応いたしますので、あらかじめお伝え下さい。 内視鏡検査前日の夕食後、特に21時以降は食事をとらないようにお気をつけ下さい。お水を飲んで頂くことは可能です。当日の検査自体は早ければ5分程ですぐに終了します。検査の時はリラックスして、首や咽の力を抜いておいて下さい。
胃内視鏡(胃カメラ)
上部消化管の検査です。胃内視鏡は腹痛・吐き気・胸焼け・腹部膨満感などの症状がある方などにおすすめします。また、食道ガンや胃ガンの早期発見も目的として行っております。
小型カメラが先端に付いた管を口から挿入し、食道や胃・十二指腸などの粘膜を観察します。この検査では、逆流性食道炎・胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・ポリープなどの良性疾患の診断、食道ガン・胃ガンなどの早期発見を目的としており、病変が疑われる部位の組織を一部だけ採取して確定診断を行ったり、ピロリ菌の検査も行うこともあります。 検査の所要時間は約5~10分程度です。鎮静薬や鎮痛薬を使用した場合は、検査後はベッドで休んで頂きます。
大腸内視鏡(大腸カメラ)
下部消化管の検査です。大腸内視鏡は血便・下痢・便秘・残便感・腹痛・腹部膨満感・便が細くなるなどの症状がある方、以前に大腸ポリープを指摘された方は、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を受けることをお勧めします。肛門から一番奥の盲腸まで内視鏡を挿入して、大腸の観察を行います。 検査前日は検査食を摂って頂き、夜は軽めの下剤を内服。検査当日は自宅で朝から2Lの腸管内洗浄液を飲んで、腸がきれいになってから来院して頂きます。患者様によっては、来院していただいてから腸管洗浄液を飲んでもらうこともあります。この検査では、大腸ガン、大腸ポリープ、大腸炎、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)などの診断ができます。 基本的には日帰りで検査が終わりますが、入院が必要と思われる場合はご希望の病院へ紹介などを行っております。検査の所要時間は10分~30分程度です。鎮静薬や鎮痛薬を使用した場合は、検査後はベッドで休んで頂きます。
うえだ内科への連絡
ここでクリア